ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは副業として取り組むべき理由

オート先生
オート先生
こんにちは
MLMビジネスを手助けするブログを運営しています。
オートマンです!

「ネットワークビジネスを頑張れば本業を辞めることができる」とお誘いをする人がいるということを聞きました。

私は、ネットワークビジネスを本業にするにはリスクがでかすぎるので、副業として取り組むべきだと思っています。

  • ネットワークビジネスの会社が潰れると、残るものがない
  • インターネットが使える時代なので、本業並みに努力する必要がない

では説明します。

ネットワークビジネスを副業として取り組むべき理由

ネットワークビジネスを副業として取り組むべき理由は2つあります。

  • ネットワークビジネス会社が潰れると何も残らない
  • そもそも、本業並みに頑張らなくてもいい

ネットワークビジネスに参入している人が言う、本業を辞めることができるという言葉は、信じたら駄目です。

では説明します。

会社が潰れると一文無しになる

言葉のまままですが、会社が潰れてしますと何も残りません。

ネットワークビジネスでつながった人たちとつながりは残るのではないかと思われた方もいると思います。

個人的な意見を述べさせてもらうと、なかなかそのような関係までになることはないです。悪い表現にはなりますが、友情などの繋がりではなく、お金で繋がっている関係に近いので、友達という関係ではありません。いい表現で言うとビジネスパートナーです。

グループの取り組み方では、変わってくると思いますが、、、。
私のようなコミュ障、人見知りの人は難しいかなと思っています。

なので、会社が潰れてしますと報酬は無くなるし、特に人とのつながりも残りません。

ネットワークビジネスは副業としては優秀ですが、完璧ではありません。完璧なのは、自分の力で稼げるようになるビジネスです。例えば、YouTube、ブログ、自分の技術(絵、プログラミング)とかですね。

会社が潰れても、独立して活動することができれば何も問題ではありません。

ただ、ネットワークビジネスは学べる環境としては非常に優秀です。

ネットワークビジネスは学びの場である

ネットワークビジネスは、みんなが稼げるようになれば、自分の報酬も上がる仕組みになっています。なので、アップの人たちはみんなが成果を出せれるように、教育を行ってくれます。

基本的には、インターネットリテラシー、営業力、時間管理術、マインドセット、継続する力、組織統率力あたりですね。

このようなことを学ぼうと思ったら、多額のお金が失われます。特に、営業のセミナーだけでも一般の会社で講師を呼んだ場合、会社は何百万とお金を支払ってますからね。それが、ネットワークビジネスを始めるお金だけで何十万、何百万の情報を学べると思うと、メリットでしかないと思います。

また、それを実践することができるというのも魅力的です。学生であれば社会人になる前に経験を積めるので、社会人のスタートダッシュが決めれます。優秀な人材として認められるということです。

ネットワークビジネスは稼ぎの手段として見られがちですが、学びの環境と考えると最高な場所です。

インターネットが使える今、本業並みに努力をする必要がない理由

「ネットワークビジネスは、本業並みに頑張らないと成功しない」そういった言葉を聞いたことはないでしょうか?

まだ始めてない人もこのイメージを持っていると思います。

この言葉は、昔のネットワークビジネスを経験した人が良く言う言葉です。

本業は時間の拘束があり、やらなければいけないといった環境です。ネットワークビジネスもやらなければいけないという気持ちで取り組まないと成功はできないということを言っています。

私は、今の時代にこの考え方は古いと思っています。

正しい努力の継続は必要ですが、昔のネットワークビジネスのように空いた時間は全て注ぎ込むような取り組み方はしなくていいと思っています。

その理由は
インターネットを使えるようになり、レバレッジを利用できるようになったからです。

インターネットにはレバレッジがかかる

まずネットビジネスでのレバレッジの意味は

ひとつのコンテンツをネット上にポンッと設置しておけば、あなたが寝ていようが旅行に行っていようが何をしていようが、勝手にそのコンテンツが24時間にわたって集客・販売をしてくれます。

レバレッジをうまく利用できるものとできないもので、成功する・しないに分かれると言っても過言ではありません。

誰でもレバレッジは利用できるので、利用できる側になりましょう。

では、ネットワークビジネスでレバレッジを利用できるとどうなるかについてお伝えします。

レバレッジが使えない、昔のネットワークビジネスの方法

昔は、インターネットを禁止している会社がほとんどだったため、自分の友達、友達の友達、友達の友達の友達と繋がっていくしかありませんでした。

そして、必ずネットワークビジネスのお誘いをするときは直接会ってプレゼンをすることが必須で、移動費、食事代がかかります。なにより、自分と相手の時間が合わないと会うこともできません。

レバレッジを利用できる、今のネットワークビジネス

今の時代は、SNSを使えばだれとでも繋がることができます。そして、お誘いをするときは、動画を取っておけば「これを見てね」で済みます。

つまり、自分の時間も確保できるし、相手の時間も拘束しなくて済みます。なので、両者にとってWin-Winです。

またまた、ブログ、YouTube、SNSで情報発信をしていれば、相手の方からお声をかけて頂けるので、お誘いをする手間も省けるし、興味を持ったくれた方と繋がることができるので成約率が非常に高くなります。

レバレッジを使うことの一番のメリットは、時間の効率が非常に良いことです。

分かり易い例を挙げると、プレゼン資料が30分、100人にアプローチするとします。

昔の方法だと、100人に合って30分の資料を100回行わなければなりません。なので、100回×30分=50時間費やす必要があります。

一方で、動画を取ってしまえば、その動画を見てもらえばいいだけなので100人にお伝えしようが、10000人にお伝えしようが、費やす時間は動画を撮影した30分のみです。

時間の効率が全然違いますよね。

今の時代は、昔のように空き時間を注ぎ込まなくても、いいようになっています。ここに気付けるかどうかで、継続できるかどうかも変わてくると思います。しんどいことを続けるのは難しいですからね。