ネットワークビジネス

ネットワークビジネスは毎月いくらの収入が得られるか

オート先生
オート先生
こんにちは
MLMビジネスを手助けするブログを運営しています。
オートマンです!

ネットワークビジネスは、夢のあるビジネスです。

多くの本に記載されているように、チャンスは平等に与えられ努力次第では、本業をしのぐほどの大きな報酬を得ることができます。

夢のあるビジネスなだけに、こんな質問が多くされます。

「どんぐらいの時間で、いくら稼げるようになるの?」

はっきりとした答えはすることはできませんが、このことに関して思うことをお伝えしようと思います。

この記事の最後には、自分の報酬をアップさせる方法についてお伝えしますので最後までご覧になってください!

では説明します!

毎月いくらの報酬が得られるのか

最初に私が思うことは、いくら稼げるかはあなた自身が握っているということです。

ネットワークビジネスにかかわる人々は、自分のビジネスを収入も含め自分が決定し管理しています。

どのくらい収入を得るかは自分で決めればいいということです。

私の場合、月に5万円の副収入があればいいと思い参入しました。

もし、あなたが100万円欲しいのであれば、100万円の努力をするだけ、月に1000万円欲しいのなら、1000万円の努力をし続けるだけです。

真剣に取り組めば必ず手にすることができます。

ある本には、初めて2年から3年で年収1000万円近くの収入になっすることは珍しくないと述べられています。

いつやるのか、今でしょ!(笑)

どのくらいの期間が経過したら収入に期待できるか

ネットワークビジネスでは、基本的に2つの報酬があります。

  1. 製品の販売から生まれる収入
  2. 自分の組織の中の流通から生まれる「歩合」

ネットワークビジネスの会社によって、これらの報酬のプランは異なってきますが、どの会社も基本軸としてあります。

この2つの報酬は、他のビジネスにはない魅力であり、私たちの希望でもあります。

では、どれくらいの期間が経過したら収入に期待できるかというと、まじめに取り組み続けて4カ月目から収入が入り始めると思います。

もちろん、なにもしないまま半年たっても報酬は入りませんよ。

ただ、4カ月たって報酬が少しでも落ち込まず取り組みましょう。将来を楽にするための修業時間です。

製品の販売から生まれる収入とは

あなたが誰かに製品を小売りすればその都度「小売り利益」を手にすることが可能です。その日からすぐにでも手に入れることができる報酬です。

その都度の額は大したことではないと思うので、ここでの製品販売から生まれる収入にはそこまで魅力はないでしょう。

しかし、会社のプランによっては、直紹介で受けれる恩恵がでかいところもあるので一概には言えません。

自分の組織の中の流通から生まれる「歩合」

この歩合に関しては、小売りよりはるかな利益をもたらしてくれます。その代わり、4か月目というところからでしょう。この報酬は、自分の組織の中の流通からうまれる手数料を受け取ることができ、組織が大きくなるにつれ報酬が大きくなります。

これがネットワークビジネスの魅力であり、他のビジネスにはない異質で素晴らしいレベルの収入をもたらしてくれます。

月に100万円、1000万円を獲得している人もいます。

私は、少しわがままな日々を過ごせるようにと願い、月5万円を目標に設定しています。

報酬が大きくなる方法

最後に、報酬を大きくするコツをお伝えします。

収入を大きくするためには、自分から始まる組織(ネットワーク)を拡大させなければなりません。

突然ですが問題です!
組織を大きくするうえで重要なのは1、2どちらでしょうか?

  1. 自分の成約数を増やす
  2. ダウンの教育をする

答えは、2番の「ダウンを教育する」です。

理由は簡単です。

自分を含め10人その組織ができたとします。

  1. 自分は毎月1人の成約を出しているから、来月は3人出来るようにスキルアップするぞ!
  2. 自分は毎月1人の成約を出している、来月はダウンの9人の教育を行っていつもの月より1人多く成約を出してもらえるようになろう!

1番の場合
ダウンの子みんなが1人の成約を出すことに成功、そして、自分のノルマの3人も達成!
➜計 22人の組織の完成

2番の場合
ダウンの子の半分(5人)がいつもよりプラス1人の成約を達成、自分は1人だけだった。
➜計 24人の組織が達成

あれ?あんまに変わらなくないと思われた方もいるかと思います。

次月で見てみましょう。

1番の場合【自分を含め22人】
ダウンの子みんなが1人の成約を出すことに成功、そして、自分のノルマの3人も達成!
➜計 46人

2番の場合【自分の含め24人】
ダウンの子の半分(12人)がいつもよりプラス1人の成約を達成、自分は1人だけだった。
➜計 62人

どうですか?

どんどん差が開いていますよね。

ここで注目してほしいところが、自分は月に1人しか成約を出していないのに組織が拡大しているという点です。

あなたがもし、成約を出すコツを見つけたらすぐに、ダウンの子に共有することが、組織拡大のカギとなります。

これが、いち早く自分の報酬を上げるための方法です。

日本人はまじめで頑張り屋さんです。それゆえに、自分だけで頑張ってしまう傾向があります。

ネットワークビジネスはチームビジネスです。みんなで協力し合い、助け合いながら組織を大きくしていきましょう。