ネットワークビジネス

ネットワークビジネスとねずみ講・悪徳マルチの違い

オート先生
オート先生
こんにちは
MLMビジネスを手助けするブログを運営しています。
オートマンです!

ネットワークビジネスは何かと腫れもの扱いにされがちです。違法でも何でもなく、むしろ超大手の企業でも採用しているビジネスモデルだけど嫌われています。

その要因として、ねずみ講・悪徳マルチと勘違いしている人が多いからだと思います。

この記事では、ネットワークビジネスは、何も問題のないビジネスだということ、始めている人が胸を張って取り組んでもらえるようになったらなと思います。

では、説明します。

ねずみ講について

まず、ねずみ講について説明します。

ねずみ講とは、商品が存在せず、お金だけがやり取りされる金銭配当組織のことを指します。

入会すると、主催会社に多額のお金を支払い、このお金が上位の会員へ分配されます。つまり、下位会員から集められたお金が上位会員へ分配される仕組みになっています。

ねずみ講では、新しい下位会員が加入し続けないと、上位会員への金銭配当がストップしてしまうため、この仕組みが存続するためには、新規会員が無限に増え続けることが必須の条件になります。

これが、ねずみ講の正式名称である「無限連鎖講」の名前の由来です。

人口は有限であるため、最後に入った人は必ず損をするようになっています。ねずみ講は早い者勝ちのマネーゲームと言われています。

現在日本では、「無限連鎖講防止法」という法律によって禁止されています。主催した企業のみならず、参加した人も法的に罰せられます。

悪徳マルチ商法について

続いて、悪徳マルチ商法について説明します。

「マルチ=悪」というイメージを持っている人が多いですが、マルチの意味は「多くの」とか「複数の」という英単語で、決して悪い言葉ではありません。

例えば、マルチタレント、マルチプレーヤー、マルチヒットなどいい意味でつかわれることの方が多いです。

マルチ商法は健全なビジネスなので、悪徳という言葉がつくのが大きな問題となっています。

悪徳医師、悪徳弁護士も同じことです。でも、悪徳を除いて、医師、弁護士と言われても何も問題はないですが、マルチ商法と言われると、悪徳がついていないにもかかわらず、悪く聞こえてしまします。

この悪く聞こえてしまう要因として、マスコミの中に、正しいマルチ商法と、悪徳マルチ商法をい一緒くたに扱う人がいたからだと思います。

マルチ商法は何ら問題のないビジネスです。

悪徳マルチとは、そのほとんどが特定商取引法(特商法)における「連鎖販売取引」に違反している悪質な企業です。

マルチ商法が悪いのではなく、業界の法律に違反し消費者に被害を与えているというのが問題なのです。

特に、特商法違反で一番多いものは「不実の告知」というもので、事実と異なることを伝える行為の事です。取り締まりをされている悪徳マルチの会社の多くは、不実の告知を行っています。

「今からやれば儲かる」これも不実の告知です。中には、うまくいかない人もいるからです。

まとめ

ネットワークビジネスは、真っ当で合法なビジネスモデルです。名著である、『金持ち父さん貧乏父さん』でも、ネットワークビジネスの事を大きく取り上げています。

これから、ネットワークビジネスを行う上で、どうせねずみ講でしょ、詐欺なんでしょと言われることがあると思います。

お相手に、正しい知識をお伝えすれば必ず真っ当なビジネスということ、すごく魅力的なビジネスであることを分かってもらえると思います。

なかなか伝わらないという人も根気強く頑張っていきましょう!