ネットワークビジネス

ネットワークビジネスで強要していると思われたくない

オート先生
オート先生
こんにちは
MLMビジネスを手助けするブログを運営しています。
オートマンです!

友人や親戚などにネットワークビジネスの商品についてお話をするときは、とても緊張をしますよね。

商品を買わせようと強要してくる人と思われるのが怖くて、なかなか話すのができなかったそんな経験はないでしょうか

私は、もちろんございます。変な印象を抱かれたくなかったので、自分に近い関係の人(友達、家族)には、一回も誘ったことはありません。そして、全く関係のないSNSで通じた人でも、強要してくる人と思われるのが嫌で嫌で仕方がありませんでした。

気付いたら、ネットワークビジネスを始めてから4カ月何もしていませんでした。

そんな気が小さい私でも、ある思い込みを捨て去ることで、一歩ずつ前進できるようになりました。

基本的な内容にはなりますが、初心者の人にとっては一番重要なことかもしれません。

不安な気持ちになったらこの記事を見直してください!

ネットワークビジネスで強要していると思われたくない

強要している思ってしまう人は、センスありです!

なぜなら、ネットワークビジネスは、強要する必要はいっさいありませんし、そう思われないように注意するべきだからです。

強要しない人と思われるためにはどうすればいいか

では、強要する人と思わらなければいいわけなのですが、どうすればいいかお伝えします。

注意する点は2つです。

  1. セールステクニックを乱用しない
  2. しつこいお誘いをしない

これら2つを注意するだけで、成約率はあがります。

「え!? セールステクニックはたくさん使った方がよくない?」

と思われたと思いますが、セールステクニックは有効な手段ではありますが、使いすぎると逆効果になります。

ネットワークビジネスでは、変にセールステクニックを乱用する必要はありません。

なぜなら、セールステクニックより、あなたの自然な姿、熱意の方が重要視されるからです。

 

テクニックを乱用すると、「商品を買わせようとしている」と考えてしまいます。

人は売りつけられることを本当に嫌います。私も嫌いです。あなたも嫌いですよね。

もちろん多少のテクニックは使っていいと思います。相手の言葉を否定しないなど、自然な会話に盛り込めることができるものは使うべきです。そうした方が、相手からしても話しやすくなるからです。

 

自分を誠実に語ることの中にネットワークビジネスを伝える神髄があるのです!

 

続いて、しつこい勧誘をしないこと。

これは、分かりきったことですよね。お金を稼ごう、商品なんて興味ないという人に、ネットワークビジネスの魅力を伝えても、なかなか心には響きません。

早くこの話終わってくれないかなぁとしか思っていないでしょう。

そんな人に、何回もしつこい勧誘をしたら嫌われるだけです。

 

その人のタイミングが合わないとネットワークビジネスの魅力には気づいてくれません。

副収入が欲しいなと思うようになったら、あなたの言葉を思い出し、もう一度話を聞いていいと、向こうから誘われることもあるそうです。

 

どんなことでもそうですが、しつこい人間は嫌われます。

なぜ、強要する人と自分で思てしますのか

前節で、自分の自然な姿でネットワークビジネスの良さを伝えるだけということは分かってもらえたかと思います。

でも、まだあなたの心の中には強要してくる人と思われるのではないかと不安になっているかと思います。

それは、あなた自身が商品を買わせようと、セールスをしようと考えているからです。

この根本的に考えを改めないと、なかなか前に進むことはできません。

 

こう思うようにしてください!

セールスをするのではなくて、ネットワークビジネスの魅力を伝える、商品の良さを伝えるだけです。

ネットワークビジネスをやってもらおうと考えるのではなくて、最初に自分がネットワークビジネスのどんな可能性を感じたかを言えばいいのです。

 

例えば

  • 自分の目標とするものを手に入れることができる可能性
  • 愛する人、家族のためによりよいライフスタイルを選べる可能性
  • 夢を叶えれる可能性
  • 自宅でできる仕事で、毎日の生活を大きく変えず取り組める点

ネットワークビジネスの可能性・魅力的なことを、あなたの熱意をのせて言葉で伝える。難しく考える必要はありません。

もう一度言います。

あなたがやるべきことは、このビジネスのでの自分の経験知識を、あなたと同じような人に、ただ率直に伝えてあげることだけです。