ネットワークビジネス

初心者でもわかる:ネットワークビジネス「MLM」

オート先生
オート先生
こんにちは
MLMビジネスを手助けするブログを運営しています。
オート先生です!

誰でもわかるように、ネットワークビジネスについて解説をしますね!
運営が詐欺会社でなければ、非常に優れたビジネスモデルです。

この記事でわかることは

  • MLM(ネットワークビジネス)の概要
  • MLMは稼げるの? 難易度はどれくらい?
  • 会社選びはどうすればいいか
  • このような会社は気をつけろ

MLM(ネットワークビジネス)とは

MLMとは、Multi Level Marketingの略で、日本では「ネットワークビジネス」と言われています。

MLMを簡単に言うと、企業の代わりに口コミでの紹介販売を行うことです。

もっと具体的に説明すると、「製品やサービスを購入することで会員になることができ、その会員が別の人を誘い、そして誘われた人がまた別の方を誘って会員にする」これが繰り返されることで、階層組織を形成し、製品、サービスの流通が多くなり、会社に大きな利益が生まれるビジネスモデルです。

組織が大きくなるほど、会社の方から「紹介していただきありがとうございます」と、報酬をいただくことができます。だいたいのMLMはこのような形です。

MLMを利用した有名な会社は、アムウェイですかね、日本でも、イーオングループ、カネボウ、ダイエイ、ソニーなどの大手企業も経営戦略として利用していました。

とても優れたビジネスモデル

学歴不問、履歴書もいらずに参入ができ、商品の内容によっては権利収入も得られることもできます。そして、店舗も構える必要もなく、活動時間も自由に設定できることから、オススメの副業です。

誰でもが参入でき、頑張り次第で権利収入が得られるビジネスは他にないと言えます。

中には、週に7桁の収入を得る人もいるそうですよ。頑張り次第では、月に7桁も夢ではありません。

MLMって稼げるの? 難易度はどれくらい?

インターネットで調べると、難易度は難しいと言われています。

これはビジネスですからね。ある程度の知識は必要です。武装もせずに裸のまんま戦いに出ても負けるのは当然ですよね。きっちり勉強して行動すれば、成功します。(ただ、詐欺には気をつけてね。)

ビジネスをすると考えると、難しいのではないかと思ってしまいますが、そもそもリスクが少ないので、挑戦してみるという感覚でいいと思います。

なので,
MLMというビジネス学びつつ、ビジネスに挑戦していくと言った感じで始めてみましょう。MLMはビジネスの基本がびっしり詰まっていますからね。学んでおいて損はないです。他のビジネスへの転用もできますからね。学生なら、就活でも役に立ちますよ。

個人的な意見としては、難易度は、普通ちょい難しい。
稼げるかどうかかは、行動量、努力量次第といったところです。

1人に売ることができれば、その労力を10倍にしたら10人売れるそんな考えでいいと思います。正直言うと、慣れも関係してくるのでたくさん頑張ると、あとの方が難易度と行動量は楽になってきます。

会社選びはどうすればいいか

MLMを利用した詐欺案件は、95%が詐欺と思っていていいと思います。

どのような詐欺かというと、MLMを利用し入会金を集めるだけ集めて、わざと会社を潰してお金を持ち去ってしまう。そして、また新しく会社を建てて、お金を巻きあげ会社を潰す。これを繰り返して、荒稼ぎしている会社もあるそうです。

どういった基準で会社を選んだら良いのか

会社を選ぶのが初心者の方が迷う最初の関門です。抑えておきたいところは、3つです。

  1. 潰れない会社を選ぶ(=資本力)
  2. どんな商品を扱っているか
  3. どんな報酬プランか
  4. 環境が整っているか
  5. タイミング(時流に乗っている業界)

順番に説明していきます。

潰れない会社を選ぶ(=資本力)

つぶれない会社かどうかの判断は難しいですよね。

日本発祥のネットワークビジネス会社は資産をもっていません。なので、入会金や定期購入商品からお金を集めるだけ集め、計画的に会社を倒産させています。なので、海外のネットワークビジネス会社を選びましょう。資本があるからこそ日本に参入しているわけです。倒産する可能性は、ガッと下がります。

他にも選ぶ基準として、どれだけ情報を開示しているかを見ていきましょう。詐欺の会社と本物の会社では、自己開示している情報の量と質が全然違うので案外簡単に見分けることができます。詐欺会社は、創設者、本社の場所、写真すら載っていませんからね。

創業者、誰と携わっているのか、どこのスポンサーに付いているのかあたりを見れば、どの規模の会社なのかがすぐわかります。実績のある会社を選んだら大丈夫です。

どんな商品を売っているのか

売られている商品は、実際にモノが存在する美容や健康に関する商品、IT関連や投資、旅行や電力などの存在しない商品に分けられます。

よく、ネットワークビジネスは飽和しているから稼げないという人がいます。半分正解で半分間違いです。

今までのネットワークビジネスの商品は、美容、健康商品でありふれていました。なので、購入した人がすでに多いのと、ライバルの会社も多くいます。なので、美容関係の商品で、ネットワークビジネスをするのは難易度は高いので、稼げない可能性が高いです。

あとは高額な商品を売っている場合、今の時代は売れません。インターネトが普及しいろんな商品が簡単に見れる世の中になりました。なので、出来るだけ安くコスパのいい商品を買うために、インターネットで検索を気軽にすることができ、みんなが商品を精査できるようになりました。

よく案件とかで、高額で買い切り商品は報酬も良いのですが、MLMの仕組み上多くの人に紹介すればするほど会社からの報酬は上がるので、高額商品はなかなか売れないし、難易度も爆発的に上がります。

なので、高額商品を扱っているところで始めるのはおすすめはしません。

あと、入会金があまり高くないところ、入会金の代わりに商品を買う会社を選ぶのが今の時代に合っています。

会社の利益を入会金で維持しようとしているのが見え見えです。詐欺案件も多いので気を付けましょう!

どんな報酬プランか

報酬プランとは、いろんな解釈がありますが、ネットワークビジネスの特徴である。紹介したらグループができていくあの仕組みになります。

いろんなタイプの報酬プランがあり、おすすめは、「バイナリー方式」です。
正直、バイナリー方式しか考えられないです。

バイナリー方式とは、2人のラインで構成される報酬システムで、1人に対してダウンがつくのが2人です。そして何よりのメリットが、スピルオーバーという現象が起きます。自分より早く参入した人の3人目以降の紹介が、自分の下にどんどんついていきます。これにより、勝手に組織が大きくなるという現象が起きますよね。初心者でも参入しやすいのでおススメの報酬システムです。

現時点での、最強のシステムです。バイナリー方式覚えておきましょう!

環境が整っているか

ネットワークビジネスは、口コミのビジネスと言われています。しかし、ここまでインターネットが普及されているのなら、使ったほうが良いに決まっています。自分の知り合いだけに紹介をしても、そもそもの人数は少ないし、切開良い案件なのに怪しい勧誘を受けたと友達から避難される可能性もあります。

だからこそ、インターネットでの勧誘が大丈夫な会社を選びましょう!

タイミング

タイミングというのは、時流に乗っている商品なのかどうかです。

例えばですが、今されガラケーを売ろうとしても売れないですよね。美容の商品も世に溢れているので難しいでしょう。

今は、第4次産業革命中ですので、AI(フィンテック)、ビックデータ、IoTこのあたりが時流に乗っている商品だと思います。

これらの条件を満たした、今個人的におすすめのネットワークビジネスの会社は、ビットサンズグローバル:BitsonsGlobalですかね。

たくさん記事にしているので、暇なときに見てください。

【完全攻略版】最近話題のビットサンズグローバル(bitsons global)はどう?危険? 最近話題のビットサンズグローバル:Bitsons global(以下、ビットサンズ)はどうなのか?詐欺なのか無茶苦茶調べてきまし...